総量規制対象外のカードローンを利用する場合

多重債務者を減らすことを目的とした貸金業者を対象とした規制が総量規制です。返済することが難しくなるほど多額の借入をすることが出来ないように、消費者金融などの貸金業者は申込者の年収の3分の1以上の貸し付けをすることはできなくなりました。もし、年収の3分の1以上の融資を望むという場合や申込者本人に収入が無いという場合には、総量規制と言われているものではない融資のカードローンを利用するということになります。総量規制対象外となるのは、目的を問わない借入であれば、銀行などの金融機関からの借入ということになります。
総量規制対象外のカードローンを利用するという場合には、申込をした上で審査を受ける必要があります。審査を通過することが出来なければ、融資を受けることは出来ません。
審査内容については、公表されてはいませんが、返済能力の有無や金融事故の履歴、債務整理の有無などがあります。審査を通過することが出来れば、それぞれの審査結果に応じた金額の融資を受けることが出来ます。初めて利用するという場合には、それほど多くの金額の融資を受けることは出来ないでしょう。
なお、銀行のカードローンは銀行によって用意するべき書類に違いがある場合がありますので、あらかじめしっかりと確認するようにしましょう。また、銀行によっては普通預金口座を開設する必要がありますので、融資を受けるまでには時間がかかるということもあります。すぐにお金が必要という場合には、口座開設不要のところを選びましょう。